Digweed and Sasha

今年はめずらしく2人のDJをちゃんと聴くことができた、とくにSashaはほんとに7〜8年ぶり。海のパーティーは素晴らしくて、それが千葉の海でもやっぱり特別なものがあった。思えば1996年にはじめてやったビーチパーティーから15年、月日の経つのは早い。あの頃パーティー中心の生活の中でダンスミュージックが決定的に他の音楽と違うと思ったのは身体を動かして、DJのプレイやその時のフロアに自分自身をシンクロさせて感じ、考えたことがただ頭だけで考えたこととあまりにも違うことに感動してこの体験のその先へと飛び込んでいった。
そう、イマジネーションの広がり方と思考の速度、そして得られる確信があまりにもリアルだったことにほんとに驚いた。夜明けの美しさや海風、もちろんクラブでのあのたとえようのない熱気。
今回のSashaで気がついたのは彼の一貫してかわることのない彼のメッセージ。
それは自分自身をとりまく現実や眼の前に広がる世界に対する強力な"No"だった。なぜ常識として受け入れているものを疑ってみない、なぜ眼の前の現実をそうやすやすと受け入れることができるのだという強い懐疑。これこそが彼のビートの意味だった、あの海岸での前半の一時間の間に何度かあったフロアが湧いた瞬間にそこで踊る人たちにある共通の気持ちがあったように思えてならない。それは当たり前と思っていたらなにもかわらないぞという彼の投げかけだった。そんなことまで考えさせてくれ、自分の身体を動かし踊る体験のリアルさを思い出せてくれた。なぜこんなにもパーティーに惹かれてしまうのかもう一度考えてもいいころだろうな。
そういう意味では4月のDigweedも最高だった。彼のSashaとは違ってブレのないビートはまるで幾何学模様に滲みながら様々な景色を見せてくれるけれど、その中身は受けてが想像していかなければならない。だからこそ踊る意味を問われているともいえる。これこそがほんとの意味でのトランスのはず。
そんなことを考えさせてくれるDJはやはりそれ程多くない。もちろんTenagliaはその先までいける。
でも振り返って、じゃあお前のDJはなんなんだと言われると多分それはOakenfoldがよかった時代に持っていた、あのエモーショナルに疾走しながら辿り着く大きな自己肯定なんだと思う。対世界ということではなく、認識という観念でもなく自分自身の気持ちを受け入れることのドラマ。ほんとに数回だけどそんなプレイを出来た時に自分でも実感できたカタルシスは忘れない。
TiestoやPVDのビートの力強さゆえに多くをオーディエンスにゆだねることのないスタイルの良さもFerryやArminのビートよりもエモーションを劇的に昇華させるスタイルもそれぞれにダンサーを熱狂させる。でもどのDJも踊らないとなにも理解することは出来ない。
もう俺と同世代はすっかりフロアからいなくなってしまったけどれどまだまだ楽しみながら気付くことはあるだろうな。
そう、imagination, use like a weapon
そしてfuture is unknown

今年も夏がやってくる。

sugiurumn new CD Acid 2 Acid on sale from HORIZON

A2a.jpg

Sugiurumn活動10周年記念盤第一弾!
DJ必聴!フロア完全にロックする新曲『ACID 2 ACID』60’s Garage Psyche meets House、まるでThe DoorsかPink Floyd!60年代が夢見たサイケデリックサウンドが21世紀のビートと融合、クロスオーバーヒット間違いなし。

プラス国内では初のフルサイズ収録となるリミックスと大ヒットアナログBorn SlippyついにCD収録。
Sugiurumn最大のヒット曲でありMinistry Of SoundやCreamなどの海外でメガヒットしているコンピレーションにも収録されている名曲の最新remix、しかもHOUSE NATION最新作"DIAMOND"の目玉として制作された特別バージョンをフルサイズで収録決定!
この年末年始、全国のクラブで最大のピークタイムはこの曲がフロアをロックする!

ひさしぶりに僕もダンスリミックスをやりました!


1. ACID 2 ACID
2. ACID 2 ACID DUB
3. ACID 2 ACID YODA REMIX
4. Don’t Sleep D nox & Beckers REMIX
5. What Time Is Summer Of Love Richard Gray REMIX
6. Traveling Plastik Funk REMIX
7. Born Slippy feat Ukumori Tomomi Original MIX
8. Star Baby GTS HOUSE NATION REMIX

2009年振り返り

ついにあと一週間で2009年も終わり、今年はあっという間でした。
恒例の一年振り返り、なにかあまり前進したような気がしない一年でした。


best live : The Specials@Summer Sonic 09

best party : 10.11 MADCHESTER NIGHT@UNIT
5.10 Ashley Beedle@Room
5.5 John Digweed@FUNCTION aka FECE

best album : Noel Gallagher / The Dreams We Have As Children [Live]

best track : Gui Boratto / No Turning Back

best mix CD : 該当ナシ

best reissue : The Stone Roses / The Stone Roses

my best play : 7.26 Daydreaming@Fuji 09
MAGNIFICENT with Ferry@ageHa

best comic : リアル、のだめカンタービレ、ヴィンランドサーガ

best movie : MILK

best DVD : Batman / Dark Knight

best book : 村上春樹 / 1Q84

best moment : Meeting Mani!


うーん、音楽的には決定打のでない一年でした。もはやMix CDは買うこともなさそう。サマソニでのThe SpecialsのMessage To You Rudiは最高でした、この曲のもつメッセージがもう40過ぎの自分に最高に響いたのがうれしかったです。No Turning Backはほとんどのパーティーでプレイしました、あの切なさと一緒にどこまでも広がっていくような感じは今年のNo.1トラックでしょう。今年ははじめてFuji Rockで凄い瞬間がなかった年です、来年に期待しますが待っていてもしょうがないので2010年はCochellaに行くつもり。MAGNIFICENTはArminが一番でした、今年の彼は今までで一番自分にフィットしました。パーティーではいくつか最高の瞬間がありましたがやはりいちばん凄かったのはDay DreamingでのThe Killers / Human Armin remixの瞬間でしょう!まさに大爆発、山頂まで来てくれたみなさんに感謝します。

Noelのアルバムは年頭からほんとに良く聴きました、FujiのOasisを見ながらNoelはもうやめたいんじゃないのかな?と思ってたらほんとに脱退したのにはビックリ。今年重要だったのはThe Beatles開眼か?

映画はグラントリノ、レスラー、MILKが良かったですがDark Knightの衝撃はとうてい越せず佳作といったところでした。でも今年は結構映画館に行ったな。

漫画はここ3〜4年まったくかわらずですが、極厚再発の『蒼天航路』と『宮本から君へ』があまりに凄すぎました。のだめが終了してしまったのは寂しいです、これだけいい話とバカなキャラの混在した傑作はもう出て来ないだろうな。それにしても『蒼天航路』をもう10回ぐらい読み返してるのにまったく飽きないのはなぜ?

同じように1Q84を読んでから村上春樹全作読破からJohn Irvingへ、来年でるであろう1Q84の続きが楽しみです。

なにはともあれ今年はManiと会えたことが一番凄いことでした。Alan MacGeeの時もそうだったけど通じるものが違う、世代ということなんでしょうか?

残り少ない2009年、最後は八王子SHeLTeRと吉祥寺SEATAでお会いしましょう!

1984年の冬

DIS.jpg

昨日の深夜、しんしんと冷えた空気の中静まり返った住宅地を歩いているとほんとに冬が来たんだなー、と実感しました。でもこんな風に冬が来たことを感じているような気持ちはほんとに久し振りだった。ずーっと以前まだ学生だった頃はいつでもそんなことを感じて暮らしていたことを思い出し、突然様々な過去の記憶が甦えり、気持ちがまさにタイムスリップしはじめたその時!シャッフルにしていたipodからThe RoostersのSad Song winter versionが....。
ほんとDJ ipod時々凄いことするなー。

この曲が収録されているアルバム『DIS』のリリースは1983年の10月、まさに高校2年の俺はほんとに毎日毎日よく聴いてました。その翌年の1984年の1月1日にThe Roostersがこのアルバムの発売記念ライブを新宿LOFTでやっていたので、当時一緒にバンドをやっていた同級生と始めて新宿LOFTへ言ったことを思いだしました、なぜかその日に着ていた服まで。
その日は昼夜2公演で俺たちは15時ぐらいからの昼の部へ、はじめての新宿LOFTに緊張しながらも最前列でもみくちゃになりながらはじめてのThe Roostersに興奮したのを覚えている。ドラムはもう灘友になり下山淳がサイドギターで安藤浩一がキーボードを弾いていて、あの新宿LOFTが広く感じた。
それから20年して安藤さんと一緒に仕事をすることになるとは夢にも思ってなかったなー。

そんなことを考えながらシャッフルを止めてDISをひさしぶりにじっくり聴きながら電車に乗り明大前あたりで曲をじゃがたらのタンゴに変えたら今度は大学時代の思いでが群がり起きてきて、でもそれがまたつい昨日のようで渋谷で井の頭線を降りて、後ろの改札からちょうどLIVE INNがあったビルの前を通るとそのでみたじゃがたらのライブを思い出した。どれもすべて冬の想い出。なにもわかってないからこそ自分の気持ちに合わさる音楽を嗅覚だけで探し出していた10代から20代、そこから地続きな今あんまり変わってないことに妙に納得してしまった。多分ちょうどこの1984年あたりDISと同じように俺の心に入り込んでその歌詞が頭の中でリフレインしていたのがAztec CameraのWalk Out To The Winter。

この15年ぐらはずーっとパーティーライフだったので冬はあまり楽しい季節ではなかったけれど、今年はまた冬を感じていることがいやではないかもしれない。

DISはほんとに良く聴いた、もちろんタンゴも。俺のなかの東京の冬のテーマソング。

MAGNIFICENT

armin%40ageha.jpg


Armin@MAGNIFICENTに来てくれたみなさんありがとう!

今回のGlenn Morrison~Arminの流れ最高、素晴らしいパーティーでした。
今年のArminはほんとに凄かった!ageHaのスタッフのみなさんおつかれさまでした。このステージに立てて光栄です。

昨夜のArminはPvDのドライブするようなテクノ感もTiestoのダーティーなまでのトランス感もFerryのポップな哀愁感さえも兼ね備えていました。というよりさすがNo.1の余裕。ちょっと楽屋で話をしましたがほんとに今を楽しんでいるところがこちらにも伝わってきてうれしくなりました、まるで小学生のような笑顔で笑ってた。

2009のMAGNIFICENTのベストパーティーでしたね、冒頭のPongからBinary Finaryの流れに完全にもっていかれました。98年のCream Closing Party@AMNESIAが頭の中で甦った!
ほんとにいいトランスのパーティーをやるのはめちゃ難しいのですが今年はどのMAGNIFICENTも素晴らしかったです、リリースされる音源もいい曲が増えているしトラックのバリエーションも豊富になってきたので来年はさらに楽しみです。さすがにArminも10年以上のキャリアがあるだけに自在にフロアをコントロールしてましたね、これだけは現場で体験しないとわからない。
去年は正直もっとディープな感じも入れて欲しいと思ってましたが今年はつっこみどころがありません。

楽しかった!

Track List YODA@MAGNIFICENT ageHa 22nd Nov 2009

Vangelis / Rachel's Song
Sascha Funke / Mango
Djuma Soundsystem / Les Djinns - Trentemoller Remix
Funkagenda / Black Water
Dosem / Beach Kisses Joris Voorn Mix
MOS / Emotional Distortion POPOF Remix
Saints and Sinners / Pushing Too Hard Guy J Remix
Freeland / Mancry Gui Boratto Remix
Tone Depth / Rumblefish
Ocean Lab,Above and Beyond / On A Good Day 16 bit Lolitas Remix
Jam & Spoon / Stella Nalin & Kane Remix
Space Manoeuvers / stage One
Matthew Dekay / BAD
Hideo Kobayashi / Made In Japan
Wippenberg / Pong

内田樹『日本辺境論』

nihon-henkyo.jpg


ほんとにこの人の思考にはいつもはっとさせられる。ひさしぶりの新刊は『寝ながら学べる構造主義』や『私家版ユダヤ文化論』とおなじ系列での論考なのだけど、ほんとに考えるという行為の奥深さを教えてくれる。というより普段自分がいかに思考停止しているのかを思い知らせてくれた。なにか考える端緒をつかんだならきっちりと放さず、しかし様々な可能性を閉ざすことなく論考してゆくこと、これはほんとに難しい。考えることにも訓練がほんとうに必要である。
内田樹の場合はそれだけでなく、彼の人柄というか必要以上にシリアスにならず『きっとなんとかなるさー』的なあったかさがあるのが素晴らしい。今回も禅や武道の極意を引き合いにだして説明してくるところが最高に説得力あってよかった、まさにバガボンドで井上雄彦が描こうとしている部分ってこれなんだと思う。

なんで今のクラブシーンに熱気がないのか、なにがほんとうに必要なのかちゃんと考えてみようと思う。

FaithlessのGod Is A DJの冒頭のフレーズがまた自分の心にリアルに響く日がかならず来るはず。
This is my church
This is where I pray

クラブってこういう場所だったよな、いつかTenagliaのようにこの曲をプレイしたい。

ひさしぶりのRemix、haiiro de rossi ep

CRSY1001.jpg

ひさしぶりにRemixを作りました、SLYE RECORDSのhaiiro de rossの『True Blues / Blues Of Blue.Ep』に収録。
Cafe Del Marからのサンセットをイメージした濃厚なダウンテンポです。もうすぐ発売!


haiiro de rossi new single『True Blues / Blues Of Blue.Ep』
12月2日発売
CRSY-1001 1,000税抜 / 1,050税込

haiiro de rossiいよいよ2ndシーズンに向けて始動!
このシングルが待望の2ndアルバムへの架け橋となる!

2008年10月に発売となったhaiiro de rossiの1stアルバム『True Blues』はFat JonやOlive Oil、Eccy、Michitaなどのビートメイカーが参加したこともあり大きな話題となりシーンに大きな話題を投じることになった。その後Fuji Rock 09へ出演そして数々の客演をこなし、いよいよ来年春には2ndフルアルバムのリリースが決定!そのアルバムに先駆けてSLYE名物1000円シングル発売決定!1stアルバムのタイトルと同名の新曲『True Blues』、そして盟友オロカモノポテチを迎えShing02とのコラボレーションでシーンにエントリーしてきたビートメイカー Yakkleのビートによる新曲『Our ID』、さらに1stアルバムのリード曲であったFat Jonのトラックによる『Blues Of Blue』を再録しかもリクエストの多かったインストも収録、またEccy、YODAによるremix収録。

haiiro de rossiプロフィール

MC BATTLEやSPOKEN WORDS等の大会の上位入賞に加え、2007年のShingO2とのシングルのHITで早くも注目の的となった天才トラックメイカーEccyにその才能を見い出され、Eccyからの数々の楽曲提供やFUJI ROCK FESTIVALでの共演などを経て、21歳の若さでSLYE RECORDSに所属。

自身の以前から所属しているcrew、Rainy Channel Posseでの活動も注目され、500枚限定で自主配布したDEMO CDも希望者が殺到し、驚異的なSPEEDで配布が終了。

そのDEMOがリスナーからの好評にも増して業界人から非常に高い評価を受け、更に噂が噂を呼ぶ。また、2007年12月発売のEccyのアルバム「Floating Like Incense」にも客演参加。そしてその曲『blue bird classic』がi tune music storeでシングルオブザウィークに選ばれ30,000以上ダウンロードされた。Jazzから強くインスパイアされたSTYLEに日本人離れしたその独特なラップや唯一無二の感性に目をつけた数々の有名Track Makerとの共演の実現やオファーが絶えず正にこれからに最も注目されているMCの一人である。


1.True Blues
2. Our ID feat.オロカモノポテチ
3. Blues Of Blue Original
4. Blues Of Blue YODA Remix
5. Blues Of Blue Eccy Remix
6.True Blues Inst
7. Our ID feat.オロカモノポテチ Inst
8. Blues Of Blue Original Inst
9. Blues Of Blue YODA Remix Inst
10. Blues Of Blue Eccy Remix Inst

再開!

1308541322_174s.jpg
一年以上放置のブログ再開します。

写真は今年のMADCHESTER NIGHTでManiと撮りました、普段はまったく記念撮影しないんですがせっかくいろんなDJやアーティストと会うことができるのでこれからは撮影することにしました。

それにしても彼の人柄最高でした、来年もぜひ一緒にパーティーやりたいです。
Screamadelica 20th Anniversary ということで。
Primal Screamはツアーに出る時かならず朝メンバーを起こすことだけを仕事にしているスタッフを同行させていたそうです。これだけは絶対やりたくない仕事、俺もいくつかバンドのマネージャーやスタッフをやっていたからよくわかる、ましてPrimalsなんて!
しかしいまやManiもBobbyもドラッグはおろか酒すらもやめPrimal's Cleanと呼ばれているそうです。Maniいわく、あのままだったらもう死ぬと思ったそうです。う〜ん。

madchester08.jpg

MADCHESTER NIGHT 2008

HORIZON presents
MADCHESTER NIGHT
~20 years from The Stone Roses~

12th OCT 2008
UNIT代官山
23:00 open/start
With Flyer 2500 Yen
Door 3000 Yen

DJs:
YODA(HORIZON,WRR) yodataro.com
Kenji Takimi(Crue-L/Luger-E-Go) crue-l.com
Sugiurumn sugiurumn.com

Saloon DJs:
BLUE BOYS CLUB DJS (カジヒデキ+KINK)
HACIENDA WITH LOVE (MIYAZAKI, KATO, 317, S/G/Y/M)
GOMA
die-O (in the clouds)
Nukkie


今から20年前の1989年、イギリスはACID HOUSEそしてRAVEというまったく新しい音楽のMovementに燃え上がっていた。その時代は後に2nd Summer Of Loveという名でよばれ後につづく90年代から現在までの音楽シーンに巨大な影響を与える特別な時代として人々の記憶に刻まれた。
80年代の後半に生まれたサンプラーを駆使したヒップホップ、ディスコサウンドをさらに進化させたシカゴハウスはまるでエクスタシーの流行とリンクするかのごとくUK音楽シーンへの特効薬のように効き目を発揮した!
88年にIbizaのAmnesiaでAlfredoによって覚醒させられたPaul OakenfolやDanny RamplingなどのDJがBalearic Styleをイギリスへ持ち帰り新しいダンスシーンを作りだす、折しもManchesterではFactoryが経営するHaciendaを中心にその後に世界を飲み込む大きな台風がまさに生まれようとしていた。
80年代後半、イギリスの気候のように重い時代の空気を打ち破るような、新しいダンスビートによるパーティーの熱気はもちろんロックシーンへも飛び火してゆく。多くの新世代のアーティスト達が最新のダンスビートと当時のRAVEのポジティブな雰囲気を取り込みはじめロックとダンスビートの幸福な化学反応がFactoryやCreationなどのレーベルから溢れるようにリリースされはじめる。
そのど真ん中にManchesterの奇跡的な4人組によるアルバムThe Stone Rosesが炸裂した。

まさにこのアルバムを聴くことで革命的に世界の見え方が変わり、あらゆる不安は未来に対するとてつもない希望へと変わりはじめた。

このアルバムのリリースから91年までの間に生み出された数多くの名作はあれから20年たった今でもクラシックとして聴かれ、当時の狂騒はMADCHESTERという伝説として語られている。

今年、2008年あれから20年もの歳月がすぎた今Fuji RockでMy Bloody Valentineが復活ライブを行い、Ian BrawnがアンコールでI AM THE RESURRECTIONを歌いPrimal Screamがヘッドライナーとしてステージに上がった。

すべてのダンスミュージックはあの時代をルーツにしているし、そして僕らがあの時見た夢はまだ終わっていないと確信した。自分が信じた思いをさらに強い信念を持ってもう一度彼等が伝えにきている、そんな思いの中今年もまたMADCHESTER NIGHTの開催を決意した。あの素晴らしいアルバムから20年、まったく色あせることのない音楽をまた大音量で鳴らしたい!

あの熱い夏にインスパイアされそれぞれのキャリアを重ね、多くのメッセージと音楽をそれぞれのスタイルで東京から発信しつづけた3人のDJによるそれぞのMADCHESTERを楽しんで欲しい。

この夜のラストナンバーはきっとThis Is The One、それでいいはずだ。

そしてJohn Squireの言葉が全てを物語っている、『主役はオーディエンスなんだ』

YODA